ブラックカードとは

ブラックカードとは

クレジットカードはパソコンや携帯電話の普及、支払いチャネルの多様化により平成以降急速に需要が拡大したと日本クレジット協会が通史に記載しています。
ブラックカードはそのクレジットカードのランクで現在最上位に位置するカードです。

 

欧米で富の象徴と呼ばれる色は「黒」で、名前の通りカードの色も黒です。
日本では最初にアメリカンエキスプレスカードがセンチュリオンカードという名前で発行しました。

 

カード会社の審査を通過した特定の優良会員のみに「インビテーション」という形で通知が行われます。
一般には情報が公開されず、神秘性と特別感があるブラックカードは現在日本で「アメックスセンチュリオンカード」と「ダイナースプレミアムカード」の2種類しかありません。

 

選ばれた会員のみが持てるカードだけに、専用デスクは24時間年中無休で「ノーといわない」サービスを提供しているそうです。
飛行機のファーストクラスやホテルのスイートルームなどのアップグレードや、高級レストランでも常にテーブルを確保するなど夢のような特典があります。

 

それだけに年会費も想像以上で、アメックスセンチュリオンカードで36万7,500円とアメリカンエキスプレスの全収入の8割にもなるそうです。
ブラックカードの保持者(ホルダー)になるには、カード会社が認めた優良顧客にのみ発行するインビテーションが必要です。

 

ゴールドカードからプラチナ、そしてブラックを持つ資格が生まれます。
カード利用実績はクレジットヒストリーと呼ばれ、頻繁にカードを利用している顧客や、カードを利用している店舗がカード会社のイメージに合っている顧客、贅沢品をコンスタントに購入している顧客にインビテーションが送られる確率が高いといわれています。

 

ブラックカードは発行基準や詳細情報が明かされていない分、他のカードには変えられない所持する人だけの特別感があります。
日本クレジットカード協会によると、クレジットは「信用」という意味だそうです。

 

ブラックカードに限らず全てのクレジットカードを所持する人は、カード会社から認められ信用を取引している特別な存在だということになります。

 

 

 


レジャーに行くならクレジットカードは必ず持っていきましょう

Copyright (C) 2009 キャンプ行くならクレジットカード All Rights Reserved.

ブラックカードとは